COMIC CITY SPARK 13スペース掲載しました

  • 2018.09.08 Saturday
  • 23:04
イベント参加予定ページからご覧いただけます。
サークルカットやおしながきも掲載中です。

http://redredsea.under.jp/offline/event/

当日は新刊はありませんが、無料配布漫画を予定してます。
あと、在庫僅少になっている「neon tiger.」をとらのあなキーパーで取り置き依頼受付中です。
https://toranoana-keeper.com/sell_items/524
もしよろしければご利用ください。


話はまったく変わりますが、先週も「銀魂2」「無垢の祈り」と映画2本観てきました。

いや〜ひどかったです「銀魂2」(褒め言葉)。
今回もいろいろとひどかった。
橋本環奈ちゃんに何やらせてんだとかカツラップいるか!?とかトッシーと土方の演じ分けがすげえとか佐藤二郎さんが自由すぎるとかいろいろありますけど、もうすっごい面白かったしキャストのビジュアルは相変わらず完璧でした。
河上万斉や伊東鴨太郎も素晴らしかったですが徳川茂茂もぴったりで最高でした。
今回は定春出てなかったけどもふもふ成分は全部ネ…じゃなくてアライグマバスにつぎ込まれたっぽいですねw
アクションも良かったです。
ストーリーも濃厚に詰め込まれてて原作ファン的にも満足度高かったです。
ギャグパートも素晴らしかったしシリアス部分も良かった……とにかく楽しい映画でした。

「無垢の祈り」は2周年記念アンコール上映を観て来た次第ですが、いやーこれは本当にすごかった……。
もともと平山夢明が好きなのと、予告映像の工場街の映像と音楽がすごく気に入ってしまって「あ、これは観に行かなきゃ」とがんばって観てきました。
平山夢明が好きと言ってもちょいちょいつまみ読みしてる程度なので、「無垢の祈り」原作の方は未読なんですが、結果としてはそれがまた良かったのかも。
物語にあまり先入観のない状態で視聴したおかげで、実写化作品ではなく、ひとつの映画作品として観ることができたのはある意味ラッキーだったような気がします。
ラストもちょっとだけ違うらしいし、ストーリーの途中にあった映画オリジナルのシーンなども、先に原作を読んでいて自分なりの作品解釈を持った状態で観てしまうと素直に楽しめなかったかもしれないな……と思いました。
それにしても、撮影地は川崎だったそうですが(観ながら「川崎っぽいなぁ」と思ったら本当にそうだったw)、住宅地も工場街もとにかくうらぶれてゴツゴツしていて錆が浮いていて夜の繁華街は脂の霧が漂っていそうで、その中をたった一人で彷徨い続ける幼いフミの姿に胸が苦しくなりました。
フミ役の福田美姫ちゃんがまたすごい美少女なだけでなく目力の強さがとんでもなく印象的で、大人びた表情をするのに廃墟でふらふらと意味もなく棒を拾ったり釣り下がった鎖にジャンプしてみたりする動きは子供らしさにあふれてるというアンバランスさがまた悲しみを誘うんですよねこれが。
こんないたいけな子供があんな大人びて怯えた顔になってしまっているのが切ないしやるせない。
児童虐待は防がなくてはならんとはもともと思っておりましたが、映像で観るとその思いと現実とが強くリンクするようになった気がしました。
それにしても、おそらく映倫的な問題をクリアするための苦肉の策でもあっただろう等身大人形を使っての児童虐待シーンは映画ならではの素晴らしい演出ですね……虐待を受けている人が「これは自分ではない別の誰かが体験してることだ」と思い込むことで心を守るという話を耳にしますが、そういう心情とも重なってある種のリアリティさえ生まれたように思いました。
あとこれネタバレなんで伏せますけど(反転で読めます)、なんかこーいろいろと考えてしまいました。
納屋みたいなところでフミが出会った眼帯の女性、あれはやはり20年後のフミですよね。
等身大のフミ人形を操る黒子として登場してることを考えても、それは間違いないだろうなぁ。
骨無しチキンの死刑が実行されたという20年後のニュースを聞く大人のフミが囚人服と思しきものを着ているのは、骨無しチキンと一緒に殺人行脚をしようとして捕まってしまったという"その後"のストーリーを暗示したものなのかな……とか想像してます。
フミが聞いてたラジオでは「半年間で5人」と言ってたけど、あのシーンのニュースでは「7人を殺害」と言ってて、義父のほかにもう1人殺害してるんですよね。
しかも割とすぐ捕まったらしいことを考えると、フミが一緒だったから捕まっちゃったのかなとか……。
監督いわく「自分の中ではストーリーが決まっているけど、あえて明かしません。皆さんそれぞれに想像していただきたい」とのことなのですが、すっごい聞いてみたいです……。

ラストのクレジットで工場街が上下反転して流れますが、これは単にオープニング映像を反転させただけじゃなく、地の光を天の星に見立てた演出なのかな……とか思いました。
オープニングの生理的に恐怖を呼び起こすような重低音と真逆にバイオリンの切なく美しい音が流れるのも象徴的ですよね。

上映後は、平山夢明先生、亀井監督、義父役のBBゴローさん、フミ人形と人形遣いの綾乃テンさんによるトークショーがあったんですが、これがめったやたらと面白くて映画の鬱を大分薄めてくれましたw
トークショーにはフミ役の福田美姫ちゃんのお母様も登壇されて、当時の美姫ちゃんはとても楽しんで撮影をこなしていたことや現在も元気にお仕事をがんばっていることを話してくださって、観客を安心させてくださいましたw



俳優かと勘違いしてしまうほどの迫真の演技を披露したBBゴローさんは劇内では胸糞悪いクズそのものでしたが、トークショーではサービス精神旺盛でお茶目な芸人さんでした。
カメラ目線をお願いした訳でもないのにポーズまでとってくださって、本当にありがとうございました♪
「想い出がいっぱい」の恐怖版替え歌面白かったですw



トークショーで特に印象的だったのは、観客から「フミのような状況にある子たちに声をかけるとしたら、先生ならなんとおっしゃいますか」と質問があった際の平山夢明先生の回答でした。
虐待する人は、人格の問題云々とは別の問題があって、ただ"人権に無知"なのだと。
例えるなら、我々は家の中で虫を見かけると殺したり追い立てたりするけど、もしかしたら虫の方は高度の知能を持っていてしかも平和主義である可能性もある。
しかし我々は今のところ彼らの思考について知る手段を持たない。
虫の方からすれば、力が強く説得が通じない相手である我々からは逃げるしかない。
それと同じで、無知な相手に働きかけても言葉は通じないので、まずは逃げて自分の安全を確保してほしいとのお話で、「逃げて」というメッセージ自体は珍しくはないですが、その理由の「人権に無知な相手」という概念が印象的でした。
善悪の概念ではなく、状況をよりフラットに判断している言葉だなーと。
攻殻機動隊の1巻でバトーから「おまえ…人権て言葉知ってる?知らねえだろうなあ…」と苦笑された素子が「定義は知っているけど見たことないわ」と返答するシーンを思い出したりしました。

諸事情でソフト化はされていないのですが、もう一度観たい映画だと思います。
とりあえずアップリンククラウドでもっかい観るかなー。

デイリー一条さん更新しました

  • 2018.08.25 Saturday
  • 23:25
デイリー一条さん更新。「#114 夏の風物詩」

夏になると決まって新人スタッフに店内の「出る」話をする一条さん。
「人が怖い」話を身をもって知っている古参スタッフは「またやってる……」と呆れ気味。
生きている人間の方が怖すぎて実話のオカルト話なんか怖くもなくなるという裏カジノの実態が何よりも怖い。


マンダラも霊的な怖い話はあまり体験がなく、人間が怖い話の方がむしろ体験している気がします……。
現実に生きてる人の話なだけにネットとかで語れないのが残念です。

一条さんは、きっとオカルトの怖い話は怖がらないんじゃないかと思ってます。
会長のがよっぽど怖えーわ、みたいな。
まあ確かに幽霊は焼き土下座とか作りませんもんね。
というかむしろ幽霊を作り出す側ですもんね会長も一条さんも。
裏カジノスタッフも、一条さんが幽霊話してても「あんたが言うか」としか思わんよな。


そういえばブログに書きそびれていましたが、web拍手たくさんありがとうございます!
結構前にすっごいいっぱい拍手いただいてたみたいで、気付くの遅くなって本当にすみません……!
大変励みになります、本当にありがとうございました!

あと、先日アップした「一条店長ビンゴ」の背景絵を1枚追加しましたのでよろしければまた遊んでみてくださいw


そういえばpart2。
これもまた書きそびれていましたが、こないだは映画weekだったんですよぅ。
「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE 〜2人の英雄〜」「恋のクレイジーロード」「カメラを止めるな!」観て来ました。
どれもすっごい良かったんですけど、一番オススメしたいのは「カメラを止めるな!」。
以前、とよ田みのる先生がtwitterで「カメラを止めるな!」の感想絵をあげておられたのを拝見して以来ずーっと行きたいと思ってたのですが、実際に行けるまでの間、それはもうあっちこっちから『「カメラを止めるな!」が面白い』という感想を耳にするので気になって仕方なかったんですよね。
噂に違わず、本っ当に面白かったです。
ネタバレするとあの楽しさは味わえないと思うので内容に関しては触れられないのが残念ですが、とにかく観て損はないとだけ申し上げておきます……いや本当に面白いっすよ!

ヒロアカ映画は笑いあり涙ありの王道の面白さで、こちらもオススメです。
一応お子様向け映画ということで、ヒロアカを知らないお父さんお母さんにも楽しんでもらえるようにと丁寧なキャラやストーリーの説明が入ってたのも好感度高いですw
オールマイトの若い頃が出てくるのが個人的にすっごい嬉しかった……。
アクションシーンもやっぱり素晴らしいですよねアニメは。
しかし轟くんがお色気担当だったりかっちゃんとの絡みが狙い気味だったり切島くんとかっちゃんの絡みが狙い気味だったりなど若干気になるポイントもあり、鑑賞後はきょうこさんや麻生さんと反省会を開きました。

「恋のクレイジーロード」もずっと観たかったのがやっと観れた次第ですが、いやもう本当に好きなんですよああいうの……。
宇野祥平もだけど、田中俊介が本当によかった。どういう生き方したらあんな目つきができるんだよ……。
芦那すみれは秋に公開予定の実写版「ギャングース」にも出演とのことで、こっちもすごい楽しみです。
メイキングのムービーも面白かったです!
撮影日数わずか1日という超ハードスケジュールだったのをメイキングムービーで知ってびっくりしました。
あの緊迫感は、時間との戦いというところからも来ていたのかもしれないですね……。
併映された「超エドガーケイシー」「超・暴力人間」はブレアウィッチタイプの手ブレ感満載映像だったので、貧血起こしてしまって作品を楽しむ余裕がなかったのが残念です……が「超・暴力人間」のラストの歌のような「ちょ〜うぼうりょ〜くにんげ〜ん」のセリフが脳にしみついて離れません。どうにかしてほしい。

いや〜映画っていいですね〜。
9月には「銀魂2」を観に行く予定でして、これもまた今からすごい楽しみです。えへへ。

「一条店長ビンゴ」をアップしました

  • 2018.08.19 Sunday
  • 21:44
先日ブログでちょろっと書いた、一条さんのゲーム的なものを公開しました!

一条店長ビンゴ

javascriptで作ってるんで読み込みエラーでうまく動かなかったり画像の読み込みに失敗することもあるかと思いますが、その場合は再読み込みしていただければと思います……。

作るにあたって、同居人にデバッグを手伝ってもらってたんですが、コード内容よりも根本的な部分に疑問を持たれてしまいました。

「ビンゴってさ……こう……1つずつ数字を発表して、ユーザーに配られたビンゴ表上の数字を消して行くゲームじゃないの……?これ、ビンゴって言うの……?」

ごもっともです。
ごもっともですが、ネットではよくこういうタイプの「あるあるネタを数字替わりにして自分がどれくらいその項目にあてはまるかを見せ合うビンゴ表」ってのがあってですね、これはその発展版というかですね。

もともと、Pawooでまさにあるあるネタのビンゴ話になって、私もノリで一条さんビンゴを作らせていただいたのがきっかけでございまして。
その時はこんなビンゴ表でした。



ちなみに私のチェックデータはこんなん。



今回作ったページでは、これよりも項目を増やしてあって、読み込む度に項目と配置がランダムに変わるようにしてあります。
項目を消すと出てくる背景絵も複数パターンありますので、何度か遊んでみていただけると嬉しいです。
(でも再読み込みを鬼のように実行するとサーバ側で問題になる可能性がありますので、ゆっくり遊んでいただけるとなお嬉しいです……)

サバゲ行ってきた!

  • 2018.08.17 Friday
  • 22:04
昔からサバゲにハマってる同居人に誘われて、初参加してきましたサバゲ。
レディースデーを利用して行ったので、全身レンタルでも4,000円しないで7時間くらい遊べるお得な日でした!

いやー初めての参加でいろいろ心配だったんですが、幸いケガもなく楽しませていただきました。
弾に当たった場所は変な虫に刺されたみたいに腫れて痛かったけどw
常連の皆様も初心者にとても優しかったし、スタッフの方々も気を配って下さって安心して遊べました。

全身迷彩服になった私を同居人がニヤニヤ見てるので「なんか変かね?」と聞いたところ「いや〜『新兵』って感じだなと思ってw」
正真正銘の新兵ですが!?

初心者は1回復活アリというルールだったのもあって、できるだけ前に行こうとしてたんですが、スタッフさんやいろんな方に「初めてなのにすごいガンガン行きますね〜珍しいですよそういう方」と声をかけていただいて、褒められたのかどうかよく判りませんが迷惑になってなかったらいいなと思います……。
そして前にガンガン出たため割とすぐヒットしちゃって退出となるのは当然なんですけど、絶好のポジションをとれたのに肝心な時に銃がジャムって退室しなきゃいけなくなったのはマジで悔しかったな〜しかもそれが2回もあって本当にもう……いや仕方ないんですけどね、現実の戦場でも銃のジャムで命を落とすなんて珍しい話じゃないですしね……いやしかし悔しかった……ジャムんなきゃあそこで最低でも2人はヒットできたのに……!(思い出し怒り)

レンタルした銃はグロック(ハンドガン)だったんですが、実際にゲームの場で撃つと照準が合わせにくくてヒットレートが低すぎて困りました(泣)。
射撃練習とはやっぱ違いますよね……サイトのぞく余裕も全然ないし……。
途中で「一眼レフを構えるのと同じ感じで」とアドバイスしていただいて多少ヒットレートをあげられるかと思ったんですが、やっぱりゲーム中に一眼レフ構えをとっさに出せなくてダメダメでした orz
どうしても肘を伸ばして構えちゃいますね〜これはもう癖になるまで反射付けしないとどうにもダメだなと思いました。
場数踏まないといかんですよね……。

あと会場はなかなか涼しくて、覚悟してたよりは汗をかかなくてすみましたw
汗っかき星人としては、そりゃもう全身汗みずくになる覚悟をしてたので……涼感シートがあんまり活躍しなかったw

初サバゲはとても楽しかったです!
また機会があったら行きたいと思います。
オススメです!


どうでもいい話ですが、ここ最近、新しいコンテンツを一生懸命作ってます。
リニューアルはどうしたって話なんですけど、その前に公開したいな〜と……。
一条さんネタのちょっとしたゲームです。いやゲームってほどのもんじゃないな。
近日中に公開できるようにがんばります〜。

また一条さんを描いていただいてしまいました

  • 2018.07.27 Friday
  • 01:22
先日、「ものもらいができたので治療として一条さんをください」とこちらのブログでも書きましたが、本当に一条さんを戴いてしまいました……すごい嬉しい。
Pawooでいつもお世話になっている瑞希様からのお見舞い一条さんです。
本当にありがとうございました!
あまりの嬉しさに快癒しました。
(メンタルとフィジカルが直結しすぎ)

もうね〜美しいです。
こんなに美しくしかもきちんとした大人オーラがあふれる一条さん、憧れます。
ビシッとしてて素敵。
村上もかっこいい……!原作の四角さとかっこよさが同居している……!
瑞希様は原田組長推しの方で、一条さんや村上はあまり描き慣れていらっしゃらないとのことなのですが、原作の雰囲気がきちんと出ているのがすごいです。
よく考えたら一条さんてfkmtキャラの中でも割と特殊なキャラデザですよね。
かなり描きにくいタイプなのかもしれない。
(私は一条さんをはじめfkmtキャラを原作に似せて描くのが難しすぎて最近はもう諦め気味)

いやーしかしこんな素敵な一条さんを描いていただけちゃうなんて、ワガママも言ってみるもんですな。
何か悪い方向に味を占めてしまったマンダラですが、今後ともよろしくお願い致します!
(よろしくしたくなくなる挨拶)

PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

近況

■腰痛に悩まされています ■生きてるだけで精一杯

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM