一条+利根川アンソロ原稿が完成しました!そしてトネガワ最終回

  • 2020.06.11 Thursday
  • 23:48
先般よりアナウンスしておりましたが、2020年8月発行予定の一条+利根川アンソロジー「舌先三寸アディクション」に寄稿させていただきました!

▼ 告知
https://www.pixiv.net/artworks/79038282

twitterをご覧いただいている方はご存じかもですが、先日原稿が完成しまして、無事提出できました!
まだ執筆者も募集中(6/12中なのでギリギリですけど)なのでものすご早い提出になっちゃっておまえどんだけ楽しんで描いてるんだよという感じですが、いや実際すごく楽しんで描かせていただきましたのでぜひご覧くださいっていうか一緒に掲載されませんか私と。
(誘い方が下手にもほどがある)





寄稿した内容は、いつもの調子のギャグ1本と若干BLみのあるシリアス1本です。
2本も描くとかおまえ楽しみまくってんなマジでという感じですいません。実際楽しかったです。
発行がものすごく楽しみです〜!
あとは……8月のイベントが無事に開催されることを祈りたいです……。
今のところ、徐々に状況は収束に向かってきてはいるように見えますし、希望は持ち続けたいと思います!(鼻息荒く)


そして利根川先生と言えば、……トネガワがついに完結しましたね……。
もう前回の話「熊手」から感無量な思いがノンストップだった訳ですが、今回はさらに感無量というか感動というか切ないというか、もう心千々に乱れてます。
とりあえず言葉にできた部分をふせったーに書いたんですけどここにも転載しときます。

▼転載ここから
ラストまで読んだ感想は、まずは「よかった………」でした。

やっぱり焼き土下座のシーンはさすがにtngwでは見たくなかったので……。
先生の苦しむ姿を見たくないというのもありますが、あの壮絶な覚悟を公式サイドからギャグにされるのはもっとつらいので、"その後"に焦点を当ててチームtngwの面々を描いてくれたのは本当にありがたかったです。
それぞれの道を歩んでいる黒服のみなさんが、それでもまだLINEグループでつながっているというのにもほっこりでもあり「あ〜みんなあのチームが大好きだったんだな……」というのが切なくもあり。
どうでもいいですが、佐衛門と西口さんは単行本では一回破局してたのが前回の「熊手」で復縁したということでよろしいでしょうか……この辺、何が正史なのかいまいち判らん。破局情報も単行本のおまけページだけだし。

ラストの方で、車中の山崎が先生にモノローグで語りかけるシーンは特に切ないですね…………。
朝5:55の帰宅、夜明けの街を頬杖をついて眺める姿はアニメtngwの2期OPを髣髴としてしまってホントもうダメこういうの弱い。
ていうか今また2期OP観ちゃったけど最高にかっこいいですよねあの映像。観る度森羅万象に感謝したくなる。
かつて、先生が後部座席に乗る車を運転していた山崎は、今は自分が後部座席に座る立場になった訳ですが、「途中ですよね」という言葉には「戻ってきますよね」という期待を込めているのか、あるいは「先生がどこに辿り着こうとも進む限りは途中」という見守るような気持ちを込めているのか、どっちなんでしょう。
tngwとは全然関係ないんですけど、「MOON LIGHT MILE」という漫画の中で、挫折した主人公に恋人が「あなたがこちらの世界に戻ると信じて私はこの世界の頂上に立ち続けるわ」と宇宙開発に携わるハードな仕事を続けることを誓うシーンがありまして、なんだかそのシーンがオーバーラップしてしまうんですよね……個人的には、山崎は先生の復帰を待っているのかなと思いました。半分以上は個人的な希望ですけど。
先生が少なくとも自分の足で歩ける状態という設定がまたそう思わせるのかもしれない……。

しかしtngwはこれやっぱ改めて思うんですけど、原作の先生とはズレがありますよね、当たり前ですけど。
原作との乖離はガチ勢にはきっついよな……と痛ましい気持ちになってしまうんですが、なんていうかあの、これは並行世界のひとつにおける先生ってことでどうでしょうかひとつ。
だって先生がEカードで負けた当時って、スマホなかったじゃないですか。
LINEもないし。ボルダリングも一般的じゃなかったし。ていうか西野カナいないし。
という訳で、「中間管理録tngw」は世界線のひとつと考えられなくもない……。
まあこんなこと、私なんぞが言うまでもないかもですが……とにかく私はそう解釈してなんとか消化していきたいと思います。
どっちの先生もそれぞれ魅力がすごいので、同一人物と考えるよりむしろそれぞれ異なる世界の人として敬愛する方が幸せ度が高い気がしてきた。
(そのくせ店長のスピンオフ作品については実現化の可能性すら考えるのも苦痛というヘタレ具合)

なんか消化不足でぐだぐだ語ってしまいましたが、長い間の連載、本当にお疲れ様でした&楽しませていただきありがとうございました!
せっかくキレイに終わったんだからまたアニメ化どうですかね!!
班長の方も続いてますし、前みたいに同時アニメ化もいいと思うんですが!!!!
なんなら劇場版アニメでもいいですけど!
(要求が激化していく)

▲転載ここまで

いやー言語化できてない部分がまだまだいっぱいあるんですけどとりあえず今書けることはこんな程度ですすいません。
頭悪いので考察とかちゃんとできん。
というか感情が迸りすぎて理性のコントロールを受け付けてない。
とはいえ私なんぞ先生ファンとしてはひよっこもいいとこ。
ガチ勢の皆様の心中いかばかりかとお察し致します……。


話は変わりまして、今年のイベント参加状況につきまして改めて告知致します。
GHが夏場から日本各地で連続開催される予定が発表されてびっくりしましたが、以前から告知してます予定通り、今年はイベント直接参加はしない予定です。
もしかしたら来年も直接参加はお休みするかもです……。
ただ、委託参加はするかもなので、もしお見かけの際はよろしくお願い致します〜。

イベント……今年は3月のGH大阪の参加予定がわやになってしょんぼりしてたんですけど、そうこうしてる間に日本経済もあわわわわ状態になってきて新世界界隈のランドマークのひとつづぼらやが閉店決定になったというニュースを見てマジで落ち込んでいます……。
あのあたりは海外からの旅行客向けに変化も激しいエリアであり(っていうか大阪中心街は基本的に変化激しいですよね……)、私の大好きな映画「追悼のざわめき」の聖地でもあるので、できれば機会を作って訪れたい場所なんですよね……。
すごーーーーーい昔ですけど、天王寺のあたりって昼間から道路に沿って人がびっしり寝転んでるのを見て衝撃を受けたりとかいろいろあったんで思い出深いんですよね……。
好きだ、大阪……。
それはともかく、今年はイベント直接参加は見送る予定ですが、また来年からはもぞもぞすると思いますんで、暖かく見守っていただけると嬉しいです。

とりあえず、8月発行予定の「舌先三寸アディクション」をよろしくお願いします!
(宣伝下手か)

スポンサーサイト

  • 2020.07.20 Monday
  • 23:48
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    近況

    ■腰痛に悩まされています ■生きてるだけで精一杯

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM