デイリー一条さん更新しました

  • 2019.03.17 Sunday
  • 23:21
デイリー一条さん更新。「#116 だって地上での仕事の方がブラックだったから」

地下で劣悪な環境に置かれているはずなのに、なぜか前より健康そうになっていく一条さん。
裏カジノ時代は食事はしょっちゅう抜いてたし日夜関係なく仕事していて常に睡眠不足な上寝ている時に急な呼び出しがあることも珍しくなく、酒だけは浴びるほど呑むという生活だったことに比べると、規則正しい生活と運動と一応3食食べていることと酒を飲まないことで前より健康的な生活であることに気づき愕然。

空気の悪さと事故の危険があるとはいえ、裏カジノも締め切った室内と煙草で空気は悪いし、客や敵対勢力からの暴行の危険や会長の無茶振りで怪我の危険は常にあったことを考えるとリスク面もそう変わらず、肉体労働に馴れてきたらむしろ前より楽に。

状況に対するストレスは常にあるものの、もともと仕事でも多大なストレスを抱えていたのでその辺もあまり変化がない。
休憩時間にやることがなく、ひたすら寝て過ごしていたらストレス耐性がますます高くなり、心身ともに健康に向かっていた模様。

おかげで粗末な食事と粗悪なシャンプーやボディソープでも妙にツヤツヤになってきて、周囲に「なんだあいつは」と気味悪がられることに。
しまいには「俺らの精気を吸ってるんじゃ」「エナジーバンパイアってやつだ」と恐れられ、半径1m以内に誰も近寄らなくなるという事態に発展。


以前の本にも描いたネタなんですけど、マジで一条さんの場合、裏カジノでの日々より地下の暮らしのが健康的なんじゃないのかと思います。
絶対あの人ろくに食事もしないで酒ばっか呑んでたでしょ毎日。
店長になってからは歩く量も減ってそうだし、荒事も基本的に部下に任せてて体動かすこともめったになさそうだし。
別にショートスリーパーでもないのにショートスリーパーばりの睡眠時間でしかも寝てるのに呼び出しとかもありそうで慢性的に寝不足になってそうだし。

その点、地下は勤務時間はきっちり決まってて休息もしっかりとらせてくれるしマスクを2重にしてても怒られない程度には物資も支給してくれてるし、ある意味マシなんじゃないのかという疑いが晴れません。
あれだ、刑務所とブラック企業で働くサラリーマンの生活を比較した表を見ると絶望するやつ。

一条さんは収入は多分かなり良いんだろうと思うんですけど、個人的にはセキュリティ対策のためにダミーのアパートを契約してたりホテル暮らししてたり部下に奢ったりで仕事絡みの支出も多そうだなというイメージがあります。
はい妄想ですすいません!

どうでもいいですが、背景の幽霊みたいなモブたちを描いてる時がすっっごい楽しかったです。


……昔、くっっっそ忙しい職場にいた時、すき家のとん汁鮭定食食いながら「あれ、このメニュー地下のと同じっぽいな……もしかして今、地下よりひどい生活してね……?」と思ってしまい同僚に「今のうちらカイジの地下労働より条件悪くねえすか?」ったら「考えたくないのでやめてください」と真顔で言われたことがありました。
ただでさえみんなして心折れそうな中必死で支えあって仕事してたので、現実をつきつける私の発言は大変ダメージを与えてしまったようです。あの時はごめんねFさん!今はお互い別の職場ですがFさんも元気そうで安心です!

最後になりましたが、web拍手ありがとうございました!
励みになります〜。

スポンサーサイト

  • 2020.09.11 Friday
  • 23:21
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    近況

    ■腰痛に悩まされています ■生きてるだけで精一杯

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM