インドの王族は鉄より堅い。バーフバリ万歳!

  • 2018.02.04 Sunday
  • 19:01
健康に良いと聞いて観て来ました「バーフバリ・王の凱旋」。
腰痛を治してもらいたい。
(最近、腰痛から坐骨神経痛に発展しつつある)



なんていうか、
すごかった。

脳みそが空っぽになる映画でした。
なんかもうホントすごかった。

何がすごかったかというと、具体例を挙げると

・本編開始30秒で象が暴れる
・船が空を飛ぶ
・矢を3本同時射出
・6人チームでダンゴムシ化して空を飛び塀を越える
・ハーフバリを殴ったメイスの方が変形

目立つところだけでもこんなん。
絵面もすごい。



つよい。

いちいち絵面がつよい。

角に火のついた牛の群れの大暴走とか瀑布にゴミのように流される人々とかメイスで打ちつけられたのに砕けたのが石でできた地面の方とか、ツッコんでたらこっちの身が持たないくらいのサービス精神で息もつかせぬ作品でした……。
なんかもうね、王族の皆様が強すぎて「この人たちは鉄でできてるの?ていうか鉄より堅くない?」と思わせられます。

あと、神話を映像にするとこんな感じになっちゃうんだなぁと思うシーンがたくさんでした。
例えば、愚鈍な若者のふりをしてデーヴァセーナ姫に近づくあたりとか。
伝承や神話でよく「彼はその国の王の知恵を試すために平民を装って近づいた」なんて感じの文章を見ますが、それを細かく映像にするとこんなんなるのかとなんとも言えない気持ちになりました……。

あとエキストラの熱演もすごい。
民衆の表情がいちいち真に迫ってるだけでなく、ダンスもキレッキレでしたし、牛や馬の表情ですらなんかもうすごかったです。
基本、このMVの最初に出てくるおじいさんのレベル。



もちろんメインの役者さんたちの演技も素晴らしくて、個人的には国母様役の女優さんの顔芸から目が離せませんでした。いつ目が零れ落ちるかとヒヤヒヤした。
いやもう正直「面白い」としか言いようがなかったです。

ただ正直、オープニング直後のダイジェストは蛇足な気がしました……。
主人公が代替わりしているので状況の把握が難しくて、なまじダイジェストがあったために混乱しちゃいました。
「あれ?国母様って亡くなってるんじゃ?」「主人公はレジスタンスの女性に恋してるのでは?なんで他の姫と恋に落ちてるの?」とかすんげえ混乱しました……だって主人公2代を同じ俳優が演じてるんだものしょうがないじゃない……(旧バーフバリと新バーフバリはビンディ違うけどダイジェストだとよく判らないし)。

とりあえず、頭空っぽにして楽しめる系エンタテイメントでしたが、古代インドへの敬意はとても強く感じられて、神々と共に生きる人々の文化ということがよく判って感動しました。
おそらくですがバーフバリをシヴァに、デーヴァセーナをサラスヴァティに見立ててるのに二人が結ばれるのはインド的に有りなのか?とか門外漢には理解が難しい面もありましたが。
まああくまでもそれぞれの神の加護を受けているだけとも取れるので、むしろその二人が子をなすのは宇宙的に望まれたことという話なんだろうか。
奥深すぎる、インド。

しかしインドのデザインセンスはやはり素晴らしいですね〜。
いちいち美しいしかっこいい。
また近年のインド映画の技術力の高さにも感動しました。オープニングの映像もかっこよすぎる。
あとどこがCGなのか、いまいち見分けられませんでした。
役者さんたちのポテンシャルが高すぎて見分けられない……(少なくともダンゴムシ爆弾はCGなのは判りますけど)。

もうホント素晴らしいエンタテイメントでした!
楽しませていただきました。
ぜひ機会を見つけて「バーフバリ 伝説誕生」も観てみたいです。

あ、ちなみに腰痛はいまいち治った感はありませんが、翌日の休日出勤も割と元気にこなせたのはバーフバリ効果と言っていいと思います。
あと語彙力は確実に下がりました。
バーフバリ万歳!バーフバリ万歳!


最後になりましたが、web拍手ありがとうございました!
また最近御礼を申し上げるのを忘れてて本当に申し訳ありません……!

スポンサーサイト

  • 2018.10.30 Tuesday
  • 19:01
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    近況

    ■腰痛に悩まされています ■生きてるだけで精一杯

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM