デイリー一条さん更新しました

  • 2017.09.03 Sunday
  • 15:59
デイリー一条さん更新。「#106 端からは違いがわからない」

髪を切ってきた翌日、仕上がりが気に入らなかったらしく妙に髪を気にしつつピリピリしている一条さん。
「髪型気に入らないっぽいな……」「でも別にいつもとそんなに変わらないよな……」とうっすら思う部下。
はた迷惑。

美容院とかで髪切ってもらっても妙に気に入らない感じにされちゃうことってありますよね〜。
髪型自体は別に変じゃなくて、髪だけ見れば特に問題ないんだけど、自分の顔と合体すると絶妙に変って感じ。
さらに言うと、他人から見ても特に変じゃないんですよね多分。
「まあこんなもんじゃないの?何か変?」って言われるんだろうなあ的な。

一条さんも「端から見ても特に変には感じないけど本人的に気に入らない」的なことありそうだなーと思います。
しかもそういうのですごいイライラしそう。
「やっぱり気に入らねえ!」つって次の日また切り直させに行きそう。
しかもただでさえ忙しい中、時間を捻出して髪切りに行ってるせいで「無駄に時間とらせやがって」ってものすごくイライラしてそう。
忙しいんだったらちょっとくらい変でもそんなに気にすんなよ……野郎の髪型なんて気にしてる人そんなにいないよ……と言って差し上げたい。
(全部妄想です)


話は変わりますが。
ついにプレイしました「カイジVR〜絶望の鉄骨渡り〜」。
ゲームとしては正直やや微妙に感じましたが、個人的にはスタート時のムービーがすごいテンションあがりました。
ロッカーみたいな箱に入れられて、扉が開いたらそこは鉄骨渡りの会場っていうあのシーンをカイジくんの視点で体感できるんですよー。
すごい不安……あ、カイジくんたちもこんな感じだったんだな……と体験できるのは嬉しい。
しかしゲーム性とビジュアルは正直微妙……。
ステージ1と2があるんですけど、ステージ1の難易度がすごいのに対して、ステージ2は1さえクリアできれば余裕という仕様。
ゲームを楽しむというより、カイジ世界に入って物語をカイジくん視点で体験するというのが趣旨なんだろうな。
そういう意味ではファン的には嬉しいポイント多かったです。
ただ、ビジュアルはもうちょっと凝ってほしかったかな……ジャス学の1を思い出すポリゴンでした……あと利根川先生がすごい。



言い方変えたら常時アヘ顔だった。

しかし鉄骨渡りのあの恐怖感をちょっとでも体験できたのは面白かったです。
ゲームの価格も2000円以下とお安めなので、「カイジ世界をちょっと体験」というスタンスでなら楽しめるんじゃないかなーと思います。

スポンサーサイト

  • 2019.01.23 Wednesday
  • 15:59
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>

    近況

    ■腰痛に悩まされています ■生きてるだけで精一杯

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM