「イクシオンサーガ DT」いまさら総括

  • 2013.06.15 Saturday
  • 01:24
「イクシオンサーガ DT」をもうとっくの昔にラストまで観ていたのに感想書くのがこんなに遅れてしまって情けない限り(しょっぱなから作品感想じゃない)。

いやーなんと言いますか、改めて思いますけど全然ゲームの宣伝になってないよねこのアニメ!
だがそれがいい。

とりあえず訳の判らん大団円なのは予想通りではありましたが、何かしでかしてくれそうなセントピリア皇帝は何にもしてくれず、ただの思わせぶりなボケじいちゃんのままであったのは残念でした。ていうか、このアニメにそういう真っ当な伏線とかを期待してる方が間違ってたな…… orz

あと、ドミノ買い占め作戦の時に「多分マリアンの不要物がエレク様に移譲されるんだろうなあ、どうやってかは知らないけど」とボンヤリと思ってはいたのですが、それは予想通りでした。またその手段の安直さがとてもこのアニメらしくて大変よかったと思います。(小並感)
でもなあ、もしあれが単純な移植なのだとしたら、後々に大変な禍根を残すんじゃないかなあと思うのですがその辺はどうなんですかね。
謎のパワーで機能だけを移植しましたー的な話ならいいんですが、場合によってはエレク様とエミリア嬢の間に緑色の髪の子が!みたいなことになって、エミリア嬢に身に覚えのない疑いがかかりかねん。
そしてまた説明する勇気がなくて煩悶するエレク様とか想像したら楽しいんですけど全体的に悲劇すぎるので、謎のパワーで機能だけを移植したんだということで納得しておこうと思います。
いい加減、エレク様には幸せになっていただきたい。

そして、ED曲のひとつ「Stand Up! ED」が改めて本当にひどいなあ最高!と思ったんですが、なんかあのラストのワーキャー盛り上げてる感じとかイラスト(水彩+色鉛筆風)がものっすごい懐かしいんですよね私世代ですと。
トルーパー全盛期のキャラソンとか、あんな感じのイラストがよくあった気がします。トルーパーとかシュラトでああいうのがよくあったなあと。(イメージだから正確ではないと思いますけども)

それにしても最終話での「次回予告!」みたいな感じで十数年後のイクシオン・サーガDTをチラッとやってくれたのはすっごい楽しめましたw
「えっまさかの3クール目があるの……!?」と同居人と二人して真に受けてしまいました。さすがにそれはなくて残念w
でももしやってくれたらかなり見てみたいなあ。ヒメがすっごい可愛かったしな!

いやー、「イクシオン・サーガDT」には最後まで楽しませていただきました。
仲間内には誰ひとり共感してもらえませんでしたが!いいんだ……私は楽しかったから…… orz

そしてマンガの「イクシオン サーガ ED」を買おうかどうしようか未だに悩んでいます……。


どうでもいいですが、アニメ「進撃の巨人」でリヴァイ兵長がなんか聞いたことある声だなと思ってキャスト調べて「……エレク様かよ…… orz」。
もうダメだ、兵長見る度にレッツゴーEDが脳内で流れる。
ていうかですね、あのアニメはミカサといい兵長といい、私の好きなキャラに限ってイメージがことごとく合わなくてそれだけが残念でなりません。
兵長はあんな爽やかボイスじゃなくて陰険そうにボソボソしゃべるイメージだし、ミカサはもっと無機質なしゃべり方であんなに唇ツヤツヤじゃない。
ミカサとか兵長が出る度にガッカリしてしまうので悲しいです。
イメージ合わないってのは単に感覚の問題だからどうしようもないもんなあ。

「イクシオンサーガ DT」絶好調だな

  • 2013.03.01 Friday
  • 00:19
「イクシオンサーガ DT」第19話と第20話がですね、なんつーかもう絶好調だなと。

19話のカラオケも大概ひどかったし何よりエンディングが最高でしたが、20話がもう久々に素晴らしすぎて死ぬかと思いました。
ホントにエレク様が報われない。
あと20話のエンディングが最高にひどい。
「ああもう、死ねばいいのに!いい意味で!」とわめいてしまうこの気持ちが「荒れ」なんでしょうか。
喜怒哀楽のすべてを均等に含む感情。

インコグニートの面々のひどさは度々キラリと光っていましたが、まさかのジャグラバーク卿もアレすぎるキャラという展開で「荒れ」の感情が止まりません。
幼少期に何か重大なトラウマがあるんだろうというペットの予想はきっと当たっていると思う。
本当にひどかった。死ねばいいのに!(いい意味で)

でもヒメのエリマキトカゲ姿は正直普通に萌えました。かわいかった。



全然別の話ですが、ようやく「孤高の人」(読みたくないと断り続けたのに強引に置いていかれてもう半年近く借りっぱなしのまましまいこんでいた)を読みました。
………面白かったです。いや、普通に。
貸してくれた友人のプレゼン通りのストーリーすぎて、何も足さない何も引かないという実に説明通りの内容で文句の言いようもないんだけどっていうか説明聞いて読みたくないって断ってたんだからやっぱこれは怒っていいんじゃないだろうか私。
つまり本当にひどい(クオリティではなく、救いがないという意味で)ストーリーでした orz
いや、まだ最新刊まで読んでないしまだ続いてるみたいなんだけどね……これ、救いあるの……?
なんかもう森くんが可哀想すぎてつらいよ。
特にあの、7巻の北アルプス全山縦走中の「トップをとるのは嫌いじゃないんだ、雪に俺だけのラインを描いていくのが楽しいんだ」ってモノローグのシーンで、画用紙にひいたラインを他人の手がよってたかってぐちゃぐちゃにした時の表情がもう切なすぎて悲しくなってしまいました。他のどんなつらいシーンよりも落ち込まされるシーンだったよ……。
あと個人的に「うわあ」と思ったのが、森くんの同僚の小堀さんがエビチリを食べるシーンで、その仕草に獲物にかぶりつくカマキリを連想するくだり。
なんとなく、バキで等身大カマキリと闘うシミュレーションしてたなあとか思い出しました。つまりすげえ怖い。
……そんなことはともかくとしてだな、森くんが報われてほしいです。例えちょっとでも(;;)

「イクシオンサーガ DT」が相変わらずひどい

  • 2013.01.29 Tuesday
  • 00:08
「イクシオンサーガ DT」第16話を観たわけですが。
いやあホント、主人公としてひどいにもほどがあるよな紺!www
飛行船での所業はあまりにもあまりで悶絶しました。
止めに入ったバリアシオンえらい!と思ったけどよくよく思い返すと止めきれてなかったよな。着実に実行されてたよな。………本当にひどいアニメだな………www

しかし今回はせっかくエレク様登場というのにエレク様は特に笑いどころがなくて残念でした。
しばらくこのまま出番がないのかなあ。さみしいなあ。

その分、地下組織で暗躍しつつジャグラバーク卿の側近を務めるカイゼル髭の彼とかそういう小技で笑わせていただきました。奴はまだしばらくちょこちょこ出るのだろうか。そしてその度に「あっ地下組織の3バカの一人だ」って笑わされるのだろうか。むしろ私がバカだから何度でも笑えるよこの手のネタで!

それにしてもセングレンのエアにゃんこは私もたまに同じ事やってるので全然笑えませんでした………あの、他人様から見るとあんな気持ち悪いんですかね私も……。
なんかすごい落ち込んだ……。
とりあえず自らの名誉のためにも言っておくと、猫成分補えますよエアにゃんこでも!
すでに猫の外観・手触り・においは脳内再生できるようになっておりますのでな!脳にとっては現実も夢も同じ電気信号です。そこにいるのとなんら違いはない。
……まあ本物触りたいですけどね……脳はだませても心はだませないからね…… orz

エアにゃんこの話はともかくとして、先週からEDも変わった訳ですが、水風船2つを切なげに見つめているエレク様のカットで毎度笑ってしまって本当にひどいよもう!
というかなんで真冬に夏祭りの演出なんだろう。
何がしたいんだ一体。


どうでもいいですがこれの初回限定版A買っちゃったよ。
毎日聞いてるよ。
我ながらどうかしている。

「イクシオンサーガ DT」がやっと話が進み始めたww

  • 2013.01.16 Wednesday
  • 02:06
ここんとこ忙しかったのもあってやっとまとめて観れました、「イクシオンサーガ DT」。

いやー相変わらずひどいね!www
インコグニートのみなさんはもれなくダメな感じですけど(バリアシオンはダメではないか別にw)、その中でもギュスターヴのひどさには目を見張りますね。
どんだけキャバクラ好きなんだよと。

あとミランダ嬢は強烈でしたね……。
なんかもうすごかった。
面白いとかつまらないとかそういう評価でくくっちゃいけない気がしました。
なんていうか、ヴァッシュ・ザ・スタンピードよりもよっぽどヒューマノイド・タイフーン。そんな感じ。
とにかくすごかった……。

そして紺のひどさはブレないなww
主人公としてどうかと思う怠惰さと卑怯さの連続に逆に好感すら持ててきた。
まあでもこのまま卑怯キャラを貫いててくれないと、むしろエレク様が可哀想になっちゃうしな……。

14話でホントにチラリとだけ出てきたエレク様がやはりあっちのネタでクローズアップされてて、わずか10秒にも満たない程の短い登場だというのに気の毒すぎると同時に面白すぎて、やはりこのアニメはエレク様でもってるよなと改めて思いました……。

そして第2期のOPとEDは絵はそのままで歌だけ変わった(しかも歌う人だけ変わった&二番になったとかそんな程度)という手抜きとも言える所業でありましたが、下手にいじって面白くなくなるよりはこれでいいのかなという気もしないでもないです。
申し訳ないけど、OPは今期のを聞いて「あ、前の方が上手いんだなやっぱ」と思ってしまいましたすいません。

あー、そういやCD買わなきゃだった。
しかしどのCDも「DT捨テル」と「レッツゴーED」がしつこいほど入ってて、逆にそんなにいらなくて困る。
TV版のをロングバージョンで聞かせてもらえればそれでいいんですけど別に……。

「イクシオンサーガ DT」の話が進む気配がないw

  • 2012.12.05 Wednesday
  • 00:51
「イクシオンサーガ DT」第9話観たんですけど今回もひどいですよねコレwww
第8話も面白かったけど(特にゲームオタ的に)、やっぱエレク様がらみの時の神がかった面白さにはかなわないんだよなぁ。

いやしかし今回もまた名言続出でした。
「夜の?」
「昼夜兼用だ」

がしばらく私と同居人の間でもちきりでした。
もー「夜の?」は何にでも使えすぎて困る!www
まあ何にでも使ってたら人格疑われますけども。

ていうか、嫁に逃げられたことが心の傷になってる奴とか自覚のないマゾな奴とか潜在的オネエとか、部下まで濃すぎだよエレク様……人材豊富だなインコグニート!

あと制作陣はいい加減本編終了後のCMで言い訳したりとんでもねえ暴露話するのやめた方がいいと思います。
……嘘です、もっとやってくださいwwww

「イクシオンサーガ DT」はどこまでいくのか

  • 2012.11.20 Tuesday
  • 00:55
いやあもう今日は仕事で遅くなったし帰宅してからも調べものとかしてて疲れたからさっさと寝ようと思ってたら、同居人が「…見なくていいの?」と「イクシオンサーガ DT」をチラチラと。

観るに決まってるじゃないですか。(カッ)

という訳で7話を視聴。
6話も面白かったけど(お約束を煮詰めた展開が逆に面白かったのとマリアンがいい味出しすぎてました)、今回はもうなんだこれ最高じゃないですか!!wwww
やっぱエレク様が出てくると神がかって面白くなるよなこのアニメ…w

最初の方でおっさんと主人公が二人で風呂で戯れるという心底誰得な酷い絵面で半笑いだったところに「クララが立った!」で爆笑してたら、エレク様が出てきてからはもう本当に笑い死ぬかと思いましたいやホントに。
エレク様が「アルマの神よー!わが息子に力をー!」って天狗の鼻がっこんがっこんやるシーンが最大風速かと思ったのですが、その後に主人公と風呂で邂逅した後がまたさらに上を行ってて、なんかもう脳が処理を諦めてました。無理。いろいろと無理。あれ以上笑いを処理しようとしたら多分笑いの回路が焼き切れる。

それにしても、エレク様と主人公の会話シーンを見ながら、脳裏では「ああもうあと数分だなあ…もうこの回終わっちゃうんだなあ…もったいないなあ…ずっとやっててくんないかなあ…」とかよく判んないことを考えてしまうくらいにその瞬間を楽しんでおりました。そして「この回は保存しといてください」と同居人に伏してお頼み申し上げました。つらい時、悲しい時にまた見直すんだ…。

本日の要望: 『「イクシオンサーガ DT」を一生観ていたい(できればエレク様vs紺を)』

どんだけ楽しんでるんだ私。
そして今回も全然話が進んでないんだが大丈夫なのかこれ。
ちゃんと全体の話としてオチはつくのか。
別にオチつかなくてもいいけど。

「イクシオンサーガ DT」で気づいたどうでもいいネタ

  • 2012.11.09 Friday
  • 23:05
新しい職場に入ってまだ数日だというのにもうネタキャラ扱いされてて生きるのがつらい。


「イクシオンサーガ DT」4話観ましたー。
うーん、やっぱエレク様が出ないと話がしまらないよなっていうかそもそも話として1mmも進んでないのはどういうことなんだ。
水着回だから話が進まないのは仕方ないとはいえ。
しかし視聴者サービスのはずの水着が、幼女とオカマ(胸は工事済み)と筋肉おっさんとガリ坊主というのはどうかと思う。
まあ…幼女と筋肉おっさんは一応需要はあるか…あとオカマも男の娘とかそういう系なのか?なんかはき違えてる気がしてなりませんけど。

そして今回すげーどうでもいいことに気づきました。
主人公の名前である「紺」って、もしかしてカプコンのコンなんですかね?
(このアニメの元ネタである「イクシオンサーガ」はカプコン制作のゲーム)
奴が着てるTシャツがまさにカプコンのロゴとコーポレートカラーのパロディですし。
それに気づいた時には酔いも手伝って大興奮して写真まで撮ってしまいましたが(そしてせっかく撮ったので掲載してますが)、なんというか酔っぱらってる時のテンションは我ながらどうかと思います。
そらオクトーバーフェストで外人にまでドン引きされるわ。反省。

原稿は一応じりじりとは進んでおります。
あと1コマ背景入れればペン入れ完了ー。
ここからまたつやベタの嵐ですよ。
あ、あと表紙も進めないといけないよな。
がんばりまーす。

「イクシオン サーガ DT」がまたすごい

  • 2012.10.30 Tuesday
  • 00:51
このところ毎週の「イクシオン サーガ DT」が人生最大の楽しみになりつつあるマンダラです。
ひどい人生だ。

第2話は冒頭でエレク様にショックな知らせがあった以外は特に注目すべき内容がなかったのですが、第3話はまたしてもやらかしてくれました。
ていうかこの話、エレク様が出てきた時が神がかってるだけなんじゃねえかという予感がしてきていますが大丈夫なのか主人公。
いやあホント、今回もとんでもなくひどかった(絶賛)。
エレク様自身は清廉潔白な好漢だというのに、運命が残酷すぎる。そして運命が残酷であればあるほど爆笑という本当にひどい有様で、なんでこんなひでえ話思いつくんだ!最低だ!もっとやれ。
今回のオチもひどかった。
「エレク様、行先は決まったのですか?」
「ああ。行くぞ、神々が集う地へ……玉造温泉だ!!」

こんなひでえオチのアニメ見たことない!
笑い死ぬかと思ったわ!

そんな感じでキャッキャキャッキャと喜んでいたら「こんなんで喜んでるのは小学生かお前ぐらいだ!」と同居人にまた叱られました。
前に友人に「イクシオン サーガ DTの面白いポイントを教えて」って言われた時に「…あれは中坊回路がまだ稼働してる人でないと面白くないかと…」と返答せざるを得なかったのですが、なんかまた一段精神年齢下がってるよ。小学生にまで落ちたよ。「金沢文庫」を口の両端ひっぱりながら発音して喜んでる脳みそから大して進歩してないということのようです。的確すぎて反論できない。


ちなみに原稿は半分くらいペン入れ終わりました。
今回はコミスタの鉛筆ツール(柔芯)でペン入れしてみていて、大変描きやすくて楽なのですが印刷したらどうなるのかなーとちょっと心配。
家のプリンタだとGペンツールと大差なかったんですが、もっと細密な印刷だとどうだろうか。心配半分楽しみ半分です。

「イクシオン サーガ DT」やばい

  • 2012.10.16 Tuesday
  • 22:32
同居人が録画していた「イクシオン サーガ DT」を横目で観てたんですが、途中で正座して観てしまうくらいにやばいですこれ。

駕籠真太郎先生がついったで「DTとかEDとかいろいろ酷過ぎる。金的蹴りとかオカマとかやることなすこと小学生レベル(すべて褒めてます)。」とおっしゃってて、どうやら下品らしいという事前知識はありましたが、実際観てみると本当にひどかったwww

そして第二話がまた最高なんですよこれが!
開始1分でものすごいツカミ(もちろん下品)があって、しかもそのネタを延々引っ張る引っ張る。
敵キャラに同情してしまうような物語は多々あるものの(カイジもそうだなあ)、なんか今までとは違う次元でものすごい同情してしまうというか「お怒りごもっともです」と首を垂れてしまう感じがなんとも。
しかも次の回でまた、敵であるエレクパイル氏に残されたただ一つの希望があえなく砕け散る訳ですよね…ひ、ひどい…気の毒すぎる……両方全摘だよなこれ…wwww

そんでエンディング曲の「レッツゴーED」がまたひどくて。
「なんだこれ!なんだこれは!www」と爆笑しながら観てたらもうあの曲が頭から離れない。
同居人に至っては、わざわざ巻き戻して2回も観てました。

いやあひどい、というか素晴らしい。
観終わった後で「ああ…本当に、文句のつけようもないくらい素晴らしかったなあ…」とつぶやいたら「それはお前が下品なネタ大好きだからだろ!最低だ!」と同居人に叱られました。
叱りつつも爆笑してましたけど。
君も好きなんじゃん!

そんなわけで、「イクシオン サーガ DT」は目が離せない作品になりそうです。
全体的に絵がモッサリしてるのがまた妙な安心感があっていいですね。
ぜひこのまま、このひどさをキープしていただきたい。レッツゴーED!


あ、冬コミ用の新刊(予定)のネームを一応切り終わりました。
ネーム切ってる最中も「レッツゴーED」が脳裏から離れなくてものすごい困りましたが、なんとか形になった感じ。
今回も、主に泣いています。村上が。

PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

近況

■腰痛に悩まされています ■生きてるだけで精一杯

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM