VRは悪魔の機械じゃああぁ

  • 2017.08.02 Wednesday
  • 00:31
同居人がプレステVRを購入しまして。

プレステVRに関しては、巷の熱狂ぶりに「やっぱ新しいハードはみんな気になるんだなー」くらいにしか思ってなかったんですけど、実際体験すると確かにありゃすごいっすね。
ゲームの概念がガラっと変わるかもしれん。

そんな私は体力の限界で、仕事するのが精一杯で帰宅してからはもう速攻で飲んだくれてブッ倒れてる日々なんで、同居人が「VRやんないの〜面白いよ〜どう〜?」と日々囁くのが若干ウザかったんですが、ちょっと回復した折に試してみたら感動したという次第。
というか体力なかったのは飲んだくれてたせいなんではというのは野暮なツッコミなのでお控えください。
心のガソリンが必要なんだ、現実と戦うには。
(アル中御用達の言い訳)

まあ私の心のガソリンはどうでもよくてですね、確かに面白いですVR。
視線を向けた先にあわせて、タイムラグなしで画像を表示してくれるのがすごい。確かにリアリティあるわー。
サンプルのパズルゲームとかもやってみたんですけど、コントローラーを物理的に動かしてしまうくらいに動きがかなり直感的。
これでバイオハザードとかやったらすんげー怖いだろうな〜……。

んで、鉄拳です。鉄拳7。
鉄拳7にもVRモードがありまして、対戦とかは単純に「より立体的に見える」というレベルで、うーん面白いけど普通にテレビに映してプレイした方が楽だし綺麗だな、という感じだったんですが、ビューワーモードがすんげーやばい。
ビューワーモードは基本的には棒立ちのキャラを着せ替えしつつあらゆる角度から見れるってだけなんですけど、コントローラーのR3を押すとね……

キャラがこっち見るんです。

仁が!
視線を!
合わせてくれるんですよおぉ!!

こっちが横に回っても、下から覗き込んでも、必ず目で追ってくれるんですよ!
何これすんごいときめく!
ハアハアしながらぐるぐる回ったわ。
動きすぎて何度も「プレイエリア外です」言われながらありとあらゆる角度で眺めたわ。
楽しい……こんな楽しいものだったとはVR。

いや〜最初はね、鉄7にVRモードがあるって聞いて「じゃあ対戦相手の視点で仁と相対できるの!?仁にタックルできちゃうの!?胸に飛び込めちゃうの!?マウントポジションとって、ガードしてる仁を上から眺めたりできちゃうの!?」と鼻血出してたんですよね。
それが、単に普通の対戦画面を3Dで眺められるだけという事実に超ガッカリしてたんですが、ビューワーモードの予想外の破壊力にやられました。

というか、ビューワーモードで思い知った。
もしVRの対戦モードが私の予想通りの仕様だったら、多分私心臓発作で倒れてたと思う。
文字通り、萌え死んでたと思う。
よかった!
ビューワーモードが心の準備してくれて、本当に助かった!

そんな私ですが、今日もなんとか生きてます。
生きてるだけでせいいっぱいですけど。

気になるものは早目にチェックしよう

  • 2014.01.15 Wednesday
  • 00:55
実に今更でアレな話ですが。

Imagine Dragonsの「Radioactive」が前々から耳に残ってはいたのですが、ふと思い立ってMV見てみたら超かっこよくて感動しました。
演奏のカットとかマジでしびれる。
こういうのホント好きなんだよなー。



もっと早くチェックしとけばよかった…… orz

なんとなく鉄4の仁を連想してたんですが、決してアサシン・クリードのテーマ曲だから(=鉄4のフード姿の仁)という訳ではない……と思います……。



それにしても昔は一人で晩酌しながら動画サイトでいろんなMVを観るのが趣味のひとつだったのに、ここんとこずっとおろそかになってたなあ。
今年はマメにチェックするようにしたいです。(2014年の抱負)

久々に鉄拳TAG2してきた

  • 2012.08.06 Monday
  • 23:20
今日は久々に鉄拳TAG2が遊べて嬉しい日でした。



所用で出かけた折、待ち合わせ場所に少し早く着いてしまい、夕立の後の晴れ間で湿度がパねえ状態でとてもじゃないけど外にいられない状況だったので、なんか涼める場所はないかと見回したところ、魅惑的なゲーセンが目についてしまいまして。
つい。つい、つるっと入店してしまいました。
鉄拳にハマって以来「ご当地鉄拳」と称して初めての土地では必ずゲーセン探して鉄拳をプレイするのを自らに課していたころを思い出しつつ。

そしたら嬉しいことに、鉄拳TAG2台があきまくっててやり放題。わあい、OPムービーもゆっくり見れるう。
地元のゲーセンでは乱入するか速攻乱入されるかしかありえない状況なだけに非常にありがたく。

とはいえ待ち合わせまですぐ時間がたってしまい、大して遊べないまま終了。
しかしいい空き具合のゲーセンだな、帰りも寄るか…格ゲー版ペル4台もあったし!とちょっと楽しみにしつつ、用事を終わらせたのですが。

帰りに「んじゃ私はここでー」言うてんのに、用事の相手の方が親切心で駅の改札までびっちりと送ってくださいましてですね。
「や、本当に結構ですよ、もう大丈夫ですー」
「いやいやここまで来ましたしちゃんとお見送りを」
「いやいや暑いですしもうここで」
「いやいや」
「いやいや」
とか言うてる間に駅前に来ちゃって、
「では今日はお疲れ様でした!あ、お帰りのホームは右側だと思いますからお気をつけて!」とか親切心丸出しでお見送りいただいてしまって。

あああ、鉄拳TAG2………。ペルソナ4………。

そんな悔しい話を同居人にしたところ、
「ゲーセン行きたいからお見送りいいですって言えばよかったのに」

言えるか。

それをサラリと言える度胸があると思うのか私に。


どうでもいいですけどホント今回の風間準にはマジ勝てる気がしない。
リリィのスカウター(笑)を遠隔で壊すくらいの謎パワーな時点で勝てる気がしてなかったけど、なんかもうファッションを改めて見ると本当に勝てる気がしない。
なんですかそれ、女武芸者みたいですよ……。
あなたいつ息子さんと同じような雰囲気に……。昔は「清純可憐さの中にも芯の強さをうかがわせる」的な雰囲気の方だったのに……。
やっぱオーストラリアで謎の修行でもしてきたんだろうか。
あと公式サイトでキャラ紹介の背景画像がシャオをふっとばしてるキャプチャで、なんとなく気分が悪い。
(常々「風間準を倒して仁の母になる!」と公言しているシャオ使いとしての意見)

PROJECT X ZONEかー

  • 2012.07.03 Tuesday
  • 00:04
すいませんボヤキです。
ついったでちょっとぼやいてたんですけどあまりにも酔っ払いの愚痴を延々続けてしまいそうになったので王様の耳はロバの耳します、すみません。

「PROJECT X ZONE」というゲームが今年10月に発売予定なのですけども。
「ゲームメーカー三社による究極のクロスオーバー!」てことで、私の愛する鉄拳から、わが息子(と勝手に認知している)風間仁が出るとは聞いておりましたが。



「STREETFIGHTER×鉄拳」ですらコレジャナイ感が強かったので正直期待はしてなかったんですけど、いやー……うん、期待しなくてよかったなぁ的な。
まあいいんです、シャオと組んでるのはもういいんです。なんで極東アジア人二人なんだよ絵面的に地味だな、とかそういうのももう諦めた。
やっぱ組むなら女の子とだよね、シャオとなら因縁あるしね、何より私にとっては長年の使用キャラであるシャオが一緒というのはゲーム的にはおいしい。とりあえずシャオであればなんとか使えるからな!
絵がアレなのも諦めます、ほかのゲームとのすりあわせもあるから仕方ない。ていうかどのゲームもまんべんなくひでえことになってるから痛み分けだよねこれは。誰得という言い方もあるが。

だがしかしだ、「そうだ、俺の行く道は俺が決める!」とか仁が言っちゃうのはコレジャナイ通り越してなんかもうつらい。仁じゃなくて三島拳(エアガイツ)かよと。いや別に拳社長もそんなセリフ言いませんけど。
いや、いいですよ?別にそう思ってていいですよ、自分の行く道を決めるって思ってていいんですよ、三島家頭首になっちゃったんだし。
しかしなんというか、わざわざそういうセリフを口にしちゃうのって仁じゃないよなあ…だって誰に向かって言ってるのそれ。じいじ?じいじに言ってるの?君に向かって発砲して闘神のエサにしようとした上にお互いぶっ殺し合ったじいじに今更言ってるのですか。
それともシャオに言ってるんですか。確かに奴は口うるさそうだけど、君特にシャオのことは重視してないじゃないですか…黙って失踪するし関わり持たないようにしてたし、何言われたって気にしてなさげですよね。映画でもものすごいどうでもいい扱いしてたじゃないですか…。
それともつい近年ようやく会った一八パパにですか。わざわざ宣言するまでもなく、息子がどう生きようとあまり気にしてないと思いますけど彼は。自分の邪魔さえしなきゃどうでもいいんじゃないでしょうか。

しかし仁てばデビル化してからのグレようがハンパなくて母さんどうしていいかわかんないんですけど、でも確実に言えるのは「あんた十数年後にはクッションに顔うずめてジタバタする羽目になるよ…」ということです。

成人くらいまで素直で真面目で抑圧された子の状態で育っちゃったせいか、タガがはずれてからというものいろいろとすごいことになっててホント心配です。主に数十年後の精神状態が。
一八は幼少期から今に至るまでnatural born 中二病のままきてるから、このまま一生治らず、ゆえに我に返ることもなく生きていけると思うのですけど、仁の場合はなあ…。

闘神につけられたあの焼印マークをシャツに刺繍してるのとかホントきつい。(鉄3の時の闘神マークつきの謎のライダースーツはノーカンでお願いします)
鉄拳衆を整列させてなんか演説してる(?)のも見ててつらい。
一番つらかったのは、鉄6の中ボスステージでエレベーターを待ち構えてた仁でしたけどね。
あのニヤリはホントつらかった。シャツといい舞台といいポーズといい、「そんないっぺんにさばけるか!!」と言いたくなるほどのツッコミどころ満載具合にプルプルしちゃってもう。

「きっとあのシャツ、注文して作らせたんだろうな、ファッションショーとかしてたらどうしようもう」
「数年前まで真面目で鉄拳衆にも挨拶できるいい子だったのにいきなり無愛想で偉そうに振る舞うようになって、もう鉄拳衆の間でも『今日の仁様』とか観察されてんだろうな」
とかそんなことばっかり考えてしまって全然ゲームに没頭できない。
勝ったら勝ったで
「あの後どうするんだろう、側近がかけよって介抱してくれたりするんだろうか」
「でも反抗期だから『うるさい!』とかわめいて振り払ってるかもしんない」
「『一人にしてくれ…』とか言い出したら側近も笑いこらえるのに窒息するんじゃないか」
とかそんなことばっか考えちゃってAZAZELに全然勝てなかった。いやヘボいからなんだけど。

うわっ、ちょっとボヤいただけなのにこんな長文だよキモい私!
しかも全然語り足りない。おそろしいな。

PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

近況

■腰痛に悩まされています ■生きてるだけで精一杯

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM